メニュー

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは、睡眠中に無呼吸が5回以上繰り返される病気です。無呼吸とは、10秒以上の呼吸が停止することです。

症状について

主な症状は、いびきや昼間の眠気や倦怠感、熟睡感がない、起床時の頭痛、睡眠中に脳が覚醒状態になる(中途覚醒)やインポテンツなどがあります。

危険性について

SAS特有の昼間の眠気は、居眠り運転事故や労働災害などにつながります。

SAS患者さんの多くは高血圧、心臓病、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病を合併しています。治療をせずに放置すれば、生命に危険を及ぼすこともあります。

検査について

・簡易検査・・・夜間睡眠中の呼吸状態を測る検査です。専用の検査機器を使用しご自宅で簡単に検査することができます。

・精密検査・・・患者さんの睡眠状態(眠りの深さや睡眠の質)と呼吸状態を同時に測る検査です。入院して1泊で行う検査です。提携病院である「コミュニティーホスピタル甲賀病院」で実施します。

治療について

SASと診断された場合、次に治療法を決定します。経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP療法)、歯科装具(マウスピース)の装着、外科的手術に分けられます。患者さんと相談しながら、患者さんにあった治療法を選択します。また、治療を効果的に行うためにも生活習慣の改善を心がけることも大切です。

たかが眠気と侮らずに、できるだけ早期に当院にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME